人気ブログランキング |

k-coの独り言

uranaikco.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 19日

まさかの



あのね~

これはあとにも先にも、これっきりなんやけど・・・

今から4年ほど前に、見合いの話が飛び込んできた。

この私に、何を思ったのか世話好きな人がおって

どうしても~~~~てなわけで、お会いすることになった。

当時、私は友人と事業所を立ち上げたとこでとてもじゃないが

そんな悠長なことえを考えてる場合ではなかった。

勿論友達はビックリ!困り果てる私に「ぶち壊すに限るな。一週間くらい

風呂にも入らず、歯も磨かず、ぼさぼさの状態で行ったら~?」て、

思いっきり茶化されて、大笑いされた。

やつら他人事やと思うて、好きなこと言いやがって。。;

まぁ それくらいしてもええか?くらいの気持ちではおったけど、

まさかそう言う訳にもいかんしなぁ。。。。

とりあえず、当日は早めに業務を済ませて待ち合わせ場所へ・・・!!


そこに待っていたのは

世話好きの仲介人と、見合いの相手、それにその親代わりとかで

一組の夫婦がいっせいにこっちを見て、立ち上がった。

「お待たせをして申し訳ございませんでした。」

すると、

「この方が今まで独身で居たとは・・・おどろいたなぁ」

と、3人とも突っ立ったまま凝視された。

こっちも固まるし、どないしたもんか・・・?

その人たちは鉄鋼業界で、神戸で催しがあって来たらしいけど、

そのついでに、独身で居る後輩を取り持つつもりでいたらしい。

私は、初めからその気が無いから普通にお酒を飲んで、

特に何も考えず、色んな質問に答えるだけやった。

「お仕事は何をされてますか?」

「ご趣味はどんなことをされますか?」

「お休みの日は何をされてますか?」

「どんな食べ物がおすきですか?」

とまあ、こんな具合に月並みな質問攻めに合いまくり。

しかも、3人で順番にあれやこれやと忙しいこと、せわしいこと。

なんか、このまま普通では居れなくなって、

最初はソフトカクテルをオーダーしてたけど、

どうでも良くなってきて、仲介人には悪いけど、いつものペースに戻して

「すみませ~ん、マティーニを」

「おかわりくださ~い!」

その人の視線を感じながら、ひたすら飲み続けた。

「お酒、お、お強いんですね?」

「ええ、まぁもうこの年ですから~」

その人はずっとそんな私を見てましたわ。

なんせ、美しいですからなぁ。。。お~ほほほほ!! ;;

冗談はそのくらいにしておいて。

場所を変えて、スナックに行った時も、唄ったり飲んだり

いつもの私を思いっきり見せてた。

「私、広島に弟が居るんです。」

「そうなんですか!じゃあ是非遊びにきませんか?いいところいっぱいありますから

僕ご案内しますよ!」

「そうなんですか?ありがとうございます。」

あかんがな、こんな話と違うがな・・・


ある程度の時間が経ってから、このままではらちがあかんのでそろそろ

本題にはいっておかんといかんなぁ・・・どない言うて断ろうか?

そう思ってたら、相手の方から口を開いた。

「僕の兄が数年前に結婚したんですが、子供に恵まれなくてね・・・」

ちゃんと育てられた人みたいで、大学まで行って親の会社を継いで

すごい真面目やから、色恋ごとに興味が無いわけではないけど

なかなかいい縁がなかったらしい。

キチンと断るにはどうしたらえええのか?

考えて、はっきり打ち明けようと思ってた。

「私は韓国籍で、バツイチですからふさわしくありませんよ。」て、

そしたら、

「僕の兄もなかなか結婚できなかったんですが、フィリピンの人と結婚しましてね、

8年経ってからやっと子供に恵まれたんですよ!」

あちゃ~~~~外国籍は理由にならんのかいな!困った。

「ここまで育ててくれた両親に子供も作って、安心させたいと思っているんです。」

でた・・・

こんな年で子供なんか産めますかいな!

しかもその気もないのにうかつなことも言われへんし・・・どないしよ。

あれ?けどこの人、私の年齢知ってるんかいな?

単純にそう思うたら、ちょっと楽になった。

そうや、それや!

「じゃあ、早く良い方を見つけて子供さんを作らなきゃあ、ね!」

「はい~!!」

「あのところで・・・○○さんは、私の実年齢をご存知なんですか?」

「え?それは僕よりは少しだけ年上だとだけ、聞かされてますが・・・何か?」

「やっぱり・・・」

「それが何か?」

「はい、私は昭和○○年です、あなたより10歳も年上ですよ。」

「え???!!!!」

相手の動きが止まった。口も開いたまま、どないかしたら瞳孔も開いてたんと違うかなぁ。

「驚いてるみたいですけど、事実ですよ。だからせっかくご紹介いただいても、お気持ちに

お答えすることは出来ないんです。それに子供を産むことも出来ません。ごめんなさいね。」

「どちらかというと、私のほうがお断りされてたと思いますけど。」

そんなに、驚かれるとは思うてなかったけど、気が付いたら

ほかの3人も動きが止まってましたわ。



そのあとは、ご想像のとおりなんとも言えん空気の中で時間が流れて行った。

ちょっと気まずい気もしたけど、しょうがないよな。

紹介してくれて人にはホンマに悪いことをしたと思ってるけど、

考えてみたら、全部その人の独りよがりなんよな~

申し訳ないけど、そういうことですわ。

「今日はどうもありがとうございました、お会いできて良かったです。」

「こちらこそ、ありがとうございました。」

なんか・・・・・あと味わる~



それから後のこと、

紹介してくれた人が、お詫びに来てくれた。

私はその誠意を素直に受け入れた。

その人は私のことを心配してくれたからこそのことやったんやね。

ただ、突っ走りすぎやけどな。。;

それによっていい勉強にもなりましたわ・・・

と、思うようにしてる。



おかしなもので、最近ちょっとだけもったいない事したな~~~て、思うんよ。

その人、今で言うとテレビに良く出てくる国際弁護士の

八代英輝にそっくりやった。

お金持ちやし、若いけど高級車に乗ってたし・・・

その人に失礼かも知れんけど、

身長が165センチで、後頭部がはげかけてなかったら

考えてたかも。。。。。 ;



ごめんなさい  m(_ _;)m


お見合いしたのは、はるか昔の17歳の頃。

自慢じゃないけど、3~4件くらいかためてきてた。

全部金持ちのぼんぼんでしたわ。

それもまたもったいないことしたわ~

今頃、セレブやったかも知れんのに。。。。

やらしいけど、ちょっと自慢 (^^)P~~


も~ないな、こんなことは。

この期に及んでうつつぬかす私です。

by lucky-powder | 2008-07-19 13:53 | 人間模様 | Comments(4)
Commented by せっちゃん at 2008-07-19 22:51 x
やっぱり 美しいって罪・・・
Commented by lucky-powder at 2008-07-19 23:29
そうね~~~~^^

オ~ホホホホ !!!
Commented by tako_suke at 2008-07-20 00:38
10歳年下て。。。。モゴモゴモゴ
Commented by lucky-powder at 2008-07-20 01:22
なんか問題でも、ございますかしら?

自分で言うのもなんですけど、割とモテますのよ。。。^^
お~ホホホホ !!!


<< 大女優      不信感 >>