人気ブログランキング |

k-coの独り言

uranaikco.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 18日

不信感


何年か前、仕事してる時のこと。

何かと自慢する奥さんがいた。

仕事に関わってる人の奥さんやけど、私はお金持ちで息子は学校の教頭先生で、

嫁は小学校の先生で、孫はK大の大学院生で・・・・・て、きりがない。

そんな話に全然興味がなかったから、「そうですか~」て、

適当に聞き流していた。

いつだったか「貴方と一緒に来ている人、一度も挨拶してもらってないわ!失礼よ!」

て、いわれのないお叱りも受けた。

一緒に担当していたパートナーは、何度も行っていたんやけど当の本人が

認識していなかっただけやった。

なんのこっちゃ・・・て、パートナーに気を使わせたりした。


そんなある日、またいつもの自慢話が始まった。

「うちの息子がね、校長になったのよ~!50代でなるのは難しくて珍しいことなんよ!」

て、それはもう有頂天やった。

「それはよかったですね~」と、話を合わせたりして収めるのに一苦労。

よほど嬉しかったのか、数日その話が続いた。

それから何日か経って駐車場を見ると、ピカピカの新車が止まってた。

トヨタの高級車やった。「また、今日も始まりますよ~」て、二人で覚悟した。

その日も案の定、「新しい車買ったのよ~!あれ、高かったけど私はローンが嫌やから

現金で買ったの。息子が校長先生になったから、変な車にのれないでしょう?

だから、お祝いに買ってあげたの。息子がこれが良いて言うから。」

「へ~すごいですね!」

「でも学校には乗って行けないのよ、いたずらされる地区の学校だから。」

確かに治安が悪くて有名な地区の小学校やった。

あとで、「ほな、いつ乗るねん?!」て、パートナーと笑うたりして ^^

「しかしすごいなぁ・・・校長先生になったらそんな高級車乗れるんやなぁ。

校長先生やから高級車乗ってなあかんの?」

「さぁ~~~~どうやろう?どんな理屈やねん。」

まぁ、どっちにしても興味がなかった私達には関係のないことやった。



けど・・・・その後日、ふと思ったことがあった。

よ~考えたら、その息子さん、お嫁さん、お孫さんたちにたった一度も

挨拶をしてもらったことがない。

おかしくない?

どれだけこっちが、「おはようございます!」て、顔を見て言うても

返事をしてもらったことがない。

玄関先でも、駐車場で出くわしても、部屋の中でも、

顔を合わせたら、逃げるように別部屋に行ってしまう。

私、嫌われてたんかな?と、勘違いしたりもした。

そんな人が先生て・・・・

どうもよ~わからん。

先生て、何をする人なん?

一番最初に、挨拶を教えてくれるんと違うの?

常識、秩序、人を思いやる心、それから大人になっていくための勉強やろ?

その第一条件の挨拶が出来ない人が、校長先生ておかしいやろ?

いくらお金があって、要領がよくて先生になってもなんの役に立つの?

そんな人にそんなことを求めるのは、所詮無理何やろうな。。。

なんでそんな人が教員なん?基準は?




最近の大分県の不正がらみの件でもそうやけど、ひょっとしたら

全国中、そんな人ばっかりが先生になってるとしたら、この国は最悪やな。

なにも望めることはないわ・・・・

そんなことしてまで、教員になって何が目的?

やっぱり、私利私欲なんか。。。。


身近にそんな人が居たから余計にそう思うんやけど、不信感しか残らん。

「人に挨拶をしなかったと、怒ってたあなたの息子さんこそ

校長先生でありながら、きちんと挨拶してくれませんでしたよ・・・」

今となってはもう時効やと思ったから書いてしまいましたが、

この人に限らず、他にもたくさんいらっしゃるのでしょうね・・・?

かというてモンスターペアレンツもどうかと思うけれども、

それもこれも、教育とは何なのかと言う根本から間違えてるから

こういうことになってしもうたんやろうな・・・

昔、先生、おまわりさん、親父と、隣のおっさんは怖かったよ~!

どこの辺からその法則が崩れていったのか?


ホンマに嫌な世の中になったな。。。。。

by lucky-powder | 2008-07-18 19:28 | 世間ばなし | Comments(0)


<< まさかの      韓国風冷奴 >>