k-coの独り言

uranaikco.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 07月 ( 56 )   > この月の画像一覧


2008年 07月 31日

雨。。。




降らへんのかい~!!!


そう言えば、

♪雨に~~濡れなが~ら~ たたず~む 人がいる~ ♪

て、言う人がカミングアウトしはったなぁ~
かつらに、おまけにバイセクシャルらしい。。。ヮ

そら、奥さん怒りはるゎ~
黙ってたら、わからんことやのにねぇ~

そこの家だけ、ハリケーンやねんやろうな。。。。;
ハリケーン名が”ミヨシ”てな
[PR]

by lucky-powder | 2008-07-31 18:30 | ひとりごと | Comments(3)
2008年 07月 31日

またかいな~!


ま~た カミナリが鳴ってますよ~!!

ほんで、雨降りますんかいな~?

降るんやったら、おもいっきり降ってよ~

中途半端に降ったり、雲が通り過ぎたりするだけと違うやろうなぁ!

どっか知らん、洪水警報が出てたけど。。。

うっとうし~~~~~ ;


洗濯ばさみ落としてしもうたがな・・・・・(_ _;)
[PR]

by lucky-powder | 2008-07-31 17:04 | ひとりごと | Comments(0)
2008年 07月 31日

あばら家


私が生まれたのは神戸で、育ったのも神戸。
だから、生粋の神戸っ子・・・と言いたいけど
在日韓国人3世や。
けど、教育はと言えば日本の学校やから、言葉は勿論
風習も歴史も何も知らん。
自国にも言ったことがない。というより、行く機会がなかった。
恥ずかしいと言えば、恥ずかしいことや。
それは、自分でありながら自分を知らんことに等しい。
親父はと言うとこれまた、神戸生まれで2世でありながらよ~勉強してたから
言葉もペラペラやし、歴史も良く知ってた。
そんな親父の子供でありながら、何も教わっていないと言うのはどういうことか?
そのことによって、ずっといじめられてたからどないでもして知らん顔しようと
必死で逆らってたし、親父もそんなに真剣に教えてはくれなかった。
と、今は亡き親父のせいにしとこ。

住んでいたところは、神戸の山手とは聞こえがいいけど
実は戦前にお祖父ちゃん達がこの土地に来て、この国の開拓の為
渡ってきてた。戦時中の色んなことがあってのことやから詳しくはわからんけど。
で、与えられた居住区と言うのがどうしようもない山の中で、そこから自分達で
切り開いていくことから始まった。食べるものもまともになく、朝から夜まで
一生懸命、生きる為に働き続けた。
おかげであばら家とはいえ、雨露をしのげささやかでも生活と言うものを
営んでいくことが出来た。勿論、言葉もわからないから自給自足。
でも、それらが実った頃には誰かがこっそり頂いていく。
それでも文句を言わず、働いて、働いて・・・・
それを見ていた親父も、反抗してたと思う。今になってその妹である叔母から
良く愚痴を聞かされる。「あんたのお父さんは不良やった~」て。
時代は違えど、私もおんなじやったんやな。ただ、私は不良ではなかったけどな ;
そんな家で、私は育ってきた。
電車が通る線路の際やし、家の手前にはその線路の下を通る為のトンネルはあるし、
ホンマに家に帰るのが嫌やったわ・・・・
そこだけが別世界で、隔離状態。むしろ別の人種が住む為の部落化されてた。
家のすぐ裏は崖になってるし、その崖の上には普通に立派な家が建ってるし
落ちてこえへんのが不思議やったくらいや。
その家に住んでる人もよ~平気でおったなぁ。。?

それから数年が経って、お祖父ちゃんもお祖母ちゃんもいなくなって
私等親子だけになった。
両親、お姉ちゃん、妹2人と、私。(それから数年後に弟2人が生まれることになるんやけど)
どこへ行っても虐められたわ。学校でも、買い物に行っても。
狭い土地でのことやから、そんなことしか話題にならんのはしょうがなかったのよ。
「朝鮮人!にんにく臭い!汚い!」それでも泣いたことは一度もなかった。
だから余計に相手も意地になるんやろうな?終いには物で殴られたり、何かなげられたり。
そんなことをする相手より、親や周りの大人を恨んだわ。
子供の知恵で、私が在日韓国人やてわからんよ、きっと大人の心無い入れ知恵が
そうさせてたんやと思ってたから。親達が「あそこの子は、朝鮮人やから遊んだらあかん!」
て、聞こえてきそうなくらい大人たちの目が、そう思えた。
そう考えたら、結構私も負けず嫌いでませてたんやなぁ・・・
どれほど悔しい思いをしようが、絶対泣かなかった。
そんな心の支えやった、お姉ちゃんもこの世からいなくなって
おまけに母親とも、うまくいかなくなって逃げ場はなかったわ。
楽しいこともあったはずやけど、色んなことがありすぎて
素直に喜んだことが、ホンマにあったかどうかもわからん。

そんな良くも悪くも、複雑でありながら色々あった思い出の家。
阪神大震災のときも、崩れることなく持ちこたえてた。
死んだお祖父ちゃんの血と涙と努力の結晶がみごとに立派に残った。
「たいしたもんやなぁ!」
当時そこには、弟が一人で住んでたんやけど、今では考えられへんくらい不便やったよ。
トイレは昔のまま、母屋から離れたところにあって、月に一回だけバキュームカーが来て
汲み取って行ってた。雨が降ったらそれこそ大変よ!傘差して走る!
それは不便すぎるとかで、母屋からトイレまで屋根を取り付けたりして ^^;
その家も、電車が通ると微妙に揺れるし、雨が降ったらテレビの音も聞こえん。
今時、そんな家がありますか!?
水洗便所かせめて、浄化槽にしてくれても良さそうなもんやけど、そんな僻地では
開発外で、何だかんだ言いながら伸ばしては避けてたんやろうな?
それも差別やんな?
その数年前に、開発事業の話が持ち上がってマンション建設の話もあったけど
いつの間にか立ち消えてしもうた。うまいこといわれて逃げられた気がするわ。
忘れもせんよ、今でも有名な大手ゼネコンのS建設ですわ。
まぁそれは過ぎたことやし、あまりにもウマイ話しすぎて眉唾もんやったから
どちらかと言えば、当てにしてなかったわ。

そしてある日のこと・・・・
大雨や台風が来るたびに心配はしてたんやけど、案の定弟から電話が・・・
「実は、相談があるんやけどなぁ、金貸してくれへん?」
「え?どしたん!あんたがそんなこというの珍しいなぁ!」
その弟は人に貸すことはあっても借りることはなかったから、びっくりして聞いてた。
「家が、えらい雨漏りでなぁ、困ってるねん。で、手持ちでは不安やから・・・」
「わかった!」
応急処置はしたらしいけど、その年の雨がまた土砂降り続きでどうしようもなかった。
そんな嵐が過ぎたある日にまた、連絡があった。
「あのなぁ、このあいだの件やけど解決したわ」
「なんで?どうにかなったん?」
「いや~・・・事態はそれより最悪や。会ってから話す。」

そして
「実はあの場所、家の裏はメッチャ硬い岩盤でびくともせえへんて、何年か前に
地質調査の人が来てお墨付きやったんやけど。」
「ふん、ふん、それで?」
「ところが今度は国交省とか消防庁とか、何や訳わからん役所がいっぱい来て、危険ですから
すぐに立ち退いてください!て、立ち退き要請がでたんや。」
「は?なんのこっちゃですかいな?」
「あの丈夫やった岩盤が、この間の地震で何センチかずれてきてるらしいわ」
「!!!え~~~~~!????」
「引越しせなあかんねん、だからもっと金がかかる・・・」
ということになった。

それからというもの、バタバタで忙しいやらなにやら・・・
て、私は全然タッチしてないけどな。
元々の地主と相談して、何年か住んでると居住権というのが発生するらしくて
その分の保障もしてもらうことが出来て、無事に今では小さいながら
土地付きの一戸建て住宅を買いました。
独身で、一生懸命働きながら毎月ローンを払い続けていますわ。
「こんな目に遭うとは思わなんだゎ・・・35年も借金生活やで!そのうち宝くじでも当てて
誰にも言わんと、この家をうっぱらって失踪するからな!」
と、のたまいてます。


けど・・・
私達5人は、不思議なことに同じ時期に同じ思いを馳せてることがある。
事情があったとは言え、手放してきたあの家のことを。
お盆や正月になると、誰からともなくあの家の話がでる。
「便所行くの難儀して、嫌やったなぁ・・・どないかしたら我慢してたゎ」
「男子はええよ~!私等なんか、ええ年してその辺で・・・て、出来ひんやん!」
「あの台所の、床が抜けてる所も怖かった~」て。
「今、どないなってるやろうか?」
「雑草も生え放題で、狸とかが住んでそうや」
「そういえば、狸の親子もよ~出てきてたなぁ」

トンネルを抜けるとそこは雪国だった・・・
て、あったやん?

そこはホンマにそんな所やねん。
春になったら、トンネルの向こうの畑には菜の花が満開で、
線路際にはここへ来た当時にお祖父ちゃんが植えた桜が満開になって
蝶々がいっぱい飛んでて。
家の周りにもお祖父ちゃんが植えた木はいいっぱいあったよ。
琵琶の木、イチジクの木、山椒の木、畑にもトマト。きゅうり、なすび、かぼちゃ、
さつまいも、じゃがいも、白菜、キャベツ、ねぎ、チシャ菜・・・色々
食べるもんに不自由せんようにしてたんやろうな ^^
湧き水もでてて、井戸に貯めて野菜を洗ったり、冷やしたりして。
美味しかったなぁ~!おひさんの匂いがして。
家の前には、大きなニセアカシアの木があって、蝉が鳴いて・・・
やかましかったけど、風が吹いたら涼しくて蜩も鳴いてた。
そう、自然がいっぱいあったんよ~


貧乏が嫌で、在日韓国人であることが嫌で、学校にも行きたくなくて
不幸なことばっかりしかなくて、死にたいと思ったこともあったし、
希望というものなんか、何ひとつとしてないと思うてたけど、
あったんやね、幸せがそこに・・・・
今では、どうやっても手にはいらへんもんがいっぱい、あったんやね。
それに、5人の妹や弟。


それから、そのあばら家が・・・・
貧乏も今思うたら、ええ思いでやわ。

そのあばら家があったからこそ、私がここにおるんよね。
[PR]

by lucky-powder | 2008-07-31 14:48 | ノスタルジー | Comments(0)
2008年 07月 30日

チャプチェ




相変わらず、さっぱりしたいものが食べたいので、
今日の3分で読めるクッキングはチャプチェだす!!

    韓国家庭料理シリーズ その11

☆ チャプチェ (春雨の炒め物) ☆

1 韓国用の春雨が無いので、普通の緑豆春雨を使います。(私はこっちの方が好き)

  表示してある通りにゆでてざるに上げ、調理用のはさみで適当な長さに切っておく。

2 肉を細切りにして(牛でも豚でもミンチでも良い)軽く塩コショウ、にんにくとしょうがを

  もみこんでおく。

3 野菜を千切りにする。(今日は人参、たまねぎ、ピーマン、京ねぎ、湯で戻した椎茸)

  もしあるなら、ほうれん草やにんじんのナムルを使うとよい。

4 砂糖大さじ1/2としょうゆ1をあわせて溶かしてタレを作っておく。

5 フライパンに油を引き、肉を炒める。

6 肉の余分な水分がとんだら、残りの野菜をいれ鶏がらスープ(顆粒)と

  塩、こしょうで味を調える。

7 大きなボールに炒めた具材と春雨を入れて、タレとごま油を入れて

  両手でざっくりと混ぜ合わせる。

8 器に盛り付け、出来れば彩りに錦糸卵をあしらい、すり胡麻を振って出来上がり。

  ※ 混ぜる時は熱いので火傷しないように気をつけて。
b0141519_1912123.jpg

いかがでしょうか?

いまひとつ、美味しそうに写ってないかも知れんな。。。 ;

私はようどんぶりにして食べるよ!

野菜は何を入れても良いよ
色々、アレンジして自分の味を確立してみて ^^

  アンニョ~~~~~ン (^O^)V
[PR]

by lucky-powder | 2008-07-30 19:21 | ☆ 韓国家庭料理 | Comments(2)
2008年 07月 30日

Rover'z  ^O^/


7月28日(月)は、お待ちかねのRover'zの会

ア~ンド、お誕生日会!!



いつもながらにぎやかでっせ~ ^^

相変わらずワイワイがやがや、飲んで、食べて、騒いで、暴れて~(?)ないか ;;

ええよ~

ホンマに日頃の疲れを癒して、好きな時間を気の合う仲間で過ごす。

今回は11人招集して、2人だけ欠席。

ひょっとしたら、徐々に増えるかも知れんな。。。そら恐ろしいヮ ;

勿論、男子禁制で~~~~~す。

でもまぁ、ほぼおっさんみたいに騒いでるから・・・・ ;;

今回のお誕生日は3人。


b0141519_1603397.jpg



エリー、マリリン、ともちゃんA。。。

お誕生日 おめでと~~~!!


いくつになっても、お誕生日は嬉しいもの。

だから世の中の旦那様たち忘れないで、お花の一本でもプレゼントしてあげてね~


次回も楽しみやヮ~~~~

この歳になっても、いいお友達がいっぱいおって

幸せやわ ^^


そや!それどころじゃないわ、

あと、BBQとか、カラオケ大会とか言うてたなぁ。。。

えらいこっちゃ!


まだまだ、忙しくなるでぇ~


でも、ホンマに楽しかった~~~~

みんなありがとうね \(^^)/ また次回を楽しみにしてるよ woooow!!
[PR]

by lucky-powder | 2008-07-30 16:11 | ほのぼの | Comments(0)
2008年 07月 30日

誹謗中傷


最近のニュースでは、殺人事件、窃盗事件、横領事件、

それに詐欺事件や、贈収賄に、不正事件・・・・

いろんなことがあるもんやヮ。。。

ホンマに、毎日嫌やね。

そんな中でも、私が一番馬鹿馬鹿しくて呆れてしまうのが

芸能関係の痴話ごと。

誰かと誰かが結婚したとか、不倫だとか・・・

私的にはつまらんし、興味が無い。

ごめんないさい。。。m(_ _;)m

つい最近も、昨日もニュースになってたな。

確かに、問題として取り上げられても仕方のないこと。

問題を起こした者達の落ち度であることは間違いないけど、

それに対して、他人が何を言えるのか?と思う。

ふさわしくないから、画面から消えろ!みたいな事を言う。

「しもた~!やってしもうた!」て、反省してるやろうし、

そんなことを言われる前に、本人が一番感じていることやろ?

反省しているのかどうか、見たわけではないからどうなんか知らんけど、

取り上げられただけでも、充分制裁を受けてると思うんやけど?

確かにイメージもあるし、慎むところは人一倍慎まなあかんし

メディアに出る人は公人も芸能人も、それなりに覚悟はしてるし苦労もしてるやろ。

たまに調子に乗って、いらんことを言う人も居るけどな。。。;

いくら人目によく触れる人やとしても、それ以前に普通の人間であることを

みんな忘れてないかなぁ。

いろんなことに悩んで、自分自身で命を絶ってしまった人も、

過去にはおったよね?

私はそんな人たちだけを擁護するつもりはないんよ。

でも、もし一般の私達の生活の中でそんなことがあったとしたらどう?

それこそとんでもない事件に発展したりすることもあると思うんやけど、

どうやろうか?

これは自分も含めてやけど、言う人はほとんど無責任な人が多い。

言うたあとは知らん顔してる。

それって、ものすごい後味が悪いよ。

反対に自分がその立場になると、反撃したり、

どないかしたら、むきになって仕返ししたり・・・

結局、収拾つかずに誰からも知らん顔される。

で、最終的には淋しい思いをしてしまう。

そんなことは日常茶飯事で、何かが起こってから、責任転嫁する。

それって、最悪のことちゃうん?



どこまでも強い人間なんかはおれへんねんから、追い込んだらあかんのと違う?

どこの世界でもそうや。

公人、芸能人、役人、親子関係、友達関係でもなんでも・・・

言葉を変えたら、虐めや虐待に相当するよ。

追い込むだけ追い込んで、ほとんどが後の事を気に止めてくれる人が、

手を貸してくれる人が、どれだけおるの?

誰もおらへんやろ?ほとんどが知らん顔してるように思えるんやけど・・・


何のことにも無関心でおることは良くは無いと自分でも思う。けど、

追い込むことより、どうしてあげたらいいのか一緒に考えてやれる

寛容さも持っててもええんと違うやろうか?私やったらそうして欲しいと思うヮ。

昔から飴と鞭てことばがあるように、起こったり注意したりしたら

あとのことも責任持って、話を聞くなり説教して諭してあげれるくらい

包容力を持って欲しいと思うな。

当然、悪いことした人は罰を受けることになるのは当たり前。

私らはそれを見守ることしか出来ひんねんから、

それに委ねるしかない。

だから、

やってしまったことに責任追求したり、今後の態度を見たいと思うんやったら

言うてしまったほうも責任を持って、見守ってやって欲しいと思う。


みんな、ストレスとか、うっぷんをそういうところにしか持って行きようが

なくなってきてるんやろうか?

それはそれでまた、難儀なこっちゃなぁ・・・

ホンマに淋しい世の中になったと思うて、あきらめるしかないんやろうか?

なんか私、すごい残念としか思われへんねん。

だから、ホンマごめんな・・・

自分勝手なことしか、書かなかったけど

今、ホンマに思ってることを書いてみた。

人間て、そんなしょうもない生き物と違うやろ?と、思うてんねん。

ごめんなさいね。。。。。
[PR]

by lucky-powder | 2008-07-30 13:03 | 人間模様 | Comments(0)
2008年 07月 29日


一人になって、無茶苦茶に働いていた頃、
メチャクチャ体が壊れそうになってた。
それでも何ともないような振りして、それ以上に無茶苦茶働いた。
で、とうとう倒れた・・・
もうこのまま、自分という存在がなくなるような気がして
ものすごく怖かった。

そう・・・このまま命もあっちの世界に持っていかれそうなくらいやった。

結局仕事を辞めて、家でずっと療養してた。
入院をすすめられたりもしたけど、そうしたらホンマに病人になって
こっちの生活に戻ってこられへん様な気がしたから、それだけは避けた。
毎日何もせず、ただずっとぼ~としてた。
内臓疾患もあったけど、軽いうつ状態やったかもな。
そんな日々が約2年も続いて、毎日お粥しか食べられなかった。
食欲はもちろんないし、食べたとしても美味しくはない。
そしてようやく、普通の生活に戻りつつあった頃のこと。
当時の知り合いが、あまりにも私の変貌振りを見てびっくりしてた。
「そんなことしてたらあかん!何か美味しいものでも食べに行こう!」
そう言って、私をあるところへ連れて行ってくれた。

青い空を、青い海を久しぶりに見た。
きらきらしてて綺麗やったわ。
なんか不思議と、間違いなくこの世に居る自分を感じながら外の景色を見ていた。
そんなに遠いところでもないはずやのに、時間が長く感じられたくらい。

RアイランドのSホテルのチャイニーズレストラン。
体力も消化器官も弱ってるから、いきなり食べられるのか不安やったけど、
そんなところは初めてやったから、幾分かの楽しみもあった。
コース料理で、会席料理のように少しずつ上品に料理がお皿に載せられて
綺麗やった。
「食べるのがもったいないゎ」
油物を食べるということが不安でたまらなかったのに、食べてみると
嘘みたいに口に自然に入っていく。
広東料理で、薄味のあっさりした味やった。
涙が出そうなくらい、美味しくて美味しくて・・・・
何を食べても「美味しい~」て、自然と口から言葉がこぼれていた。
私達のテーブルを担当していた女の子が、微笑んでいた。
「こんなに美味しいお料理を食べたのは初めてです」
「どうもありがとうございます。そう言って頂きますと本望でございます。
どうぞ最後までゆっくりとご堪能くださいませ。」
彼女はそういってその場を離れた。
最後のデザートが出るまで、彼女はずっとホストを務めてくれた。

美味しいものが食べられるというだけでも、こんなに幸せを感じるのに
今まで、何を楽しみとして目標としてきたのか、一瞬にして忘れるほどやった。
「本当に美味しく頂きました。どうもありがとう、貴女のおかげです。また、来てもいいですか?」
「私達はいつでもお待ちしております」
ほんの少しの時間だったのに、ホンマに幸せやとおもった。
がむしゃらに頑張ってたことが、なんやったんやろう・・・
それがきっかけで、しょっちゅうそこへ食べに行くようになってた。
今でも私のお気に入り ^^

それから何年か経って、そこの彼女と顔見知りになって
仕事以外に色んな話をしたり、BBQをしたりすごく仲良くなった。
ある日のこと、いつものようにディナーに行ったとき
「お仕事が終わったら、ラウンジでお酒でも飲もうよ~」
「はい!じゃぁ、あとで追いかけます」

それからお酒を飲みながら、色んな話をした。
お互いのプライベートなこと、仕事のこととか色々・・・
「私ね、あの時初めてお二人にお会いした時、ちょうど仕事を辞めようかどうか
悩んでいたときなんです。」
「え?そうなん?そんなようには見えなかったよ、楽しそうで輝いてたのに?」
「本当にこのままでいいのかどうか苦しくて誰にもいえないくらい辛かったんです。
でもね、その時すごい美味しそうに食べてはる姿を見て嬉しくおもったんです。で、
悩んでいたことが、馬鹿みたいに思えて考え直したんです。」
「そんなにつらかったの?でも、この仕事はすごくあなたそのものやと思うよ、
だからこれからも、ず~とここへ食べに来たいから居ってね!」
「はい、おかげでまた続けてみようと思っています。」

それから約10年近くになる。
私は前ほどには行く回数が減ってしまったけど、今でもその彼女は
満面の笑顔でいつもと変わりなく迎えてくれる。
どれほど期間が開こうと、それを忘れさせるほど違和感が無い。
そしてその周りのスタッフ達も快くいつでも迎えてくれる。
不思議な縁で出来た人間関係だけど、未だに大切にしてるつもり。
たかがこんな私が、素直に美味しいと思った気持ちを表せたことが、幸せの一つで
何よりも、その人や回りの人たちも幸せにしていた。て、
これって奇跡に近いやんね!
生きていたらいろんなことはあるよ。
私だって、その頃はホンマに色んなことが重なってて、すべての重圧に潰されそうになってた。
その彼女もちょうど、そんなことが私とかぶってたんやろうな。
言葉に出して、何かを言うて、励ますんじゃなくてそんなことはお互いが
自然と寄り合うことによって、自然と解消されてることもあるんやな。
私はその時の知人に感謝してるし、そのときに会えた彼女にも感謝してるよ。
だって、そのおかげで私も今こうして頑張って生きてるんやから。

今、その彼女は2年くらい前に電撃結婚して幸せになってるよ。
また一つ大人になったみたいで、随分と落ち着いてきた感じがする。
一生懸命、働いている彼女はすごく輝いてて綺麗。
苦労や悩みや辛いことは、老若男女関係ないよ。
そんなことはいつでもそこにあるんよ。
けど、いつそれが襲ってくるかわからん。経験したらしただけその人を強く、
優しく、そして幸せにしてくれるんよな。


人の生きて行く道は色々ある。
けど、絶対に弱音を吐かずにしがみついて頑張っていって欲しい。
疲れたり、嫌になったりすることもあるかも知れんけど、
そんな時は、誰かが側にいるんやから安心して・・・


私はまだまだこんな年やし、決して大きな人間ではないけど
なんでも言うてみて、スッキリするかも知れへんから。
生きてて無駄なことは絶対ない。
幸せはすぐそこにあるんよ。
私はこれからも
何があっても頑張って乗り越えて生きてくよ~~



それが私の生きる道やからね!!
[PR]

by lucky-powder | 2008-07-29 23:21 | 人間模様 | Comments(2)
2008年 07月 28日


季節はずれの嵐みたいやな。。。

カミナリ、大ッ嫌い!!

ずっと鳴ってるやん・・・・

怖い~~~~~

今日は大事なRover'z会やのに・・・・(ToT)

雨も降りすぎで、前が見えへんやん!

神様は、意地悪や。。。。。;

今日降らんでもええやんか~~~~!
[PR]

by lucky-powder | 2008-07-28 14:50 | ひとりごと | Comments(0)
2008年 07月 27日

キーマカレー


こう暑いと、スパイシーなカレーとか食べたくなるよな。。

今日の3分で読めるクッキング


我が家のキーマカレー!!

面倒くさがりで、横着な私が作るんやから簡単、簡単。。^^V


☆ キーマカレー ☆

1 先ずはご飯やけど、普通より硬めに炊くのはわかるよね?で、

  (普通はサフランライスとかやろうけど、我が家はたまに枝豆ごはん)

2 炊けたご飯にゆでた枝豆の薄皮をむいてまぜるだけ。

  (冷凍でもok)

3 ジャガイモ、にんじん、たまねぎ全てみじん切りにしておく。

4 お鍋にオリーブオイルを入れてみじん切りにした野菜、にんにくとしょうがを入れて

  中火で焦がさないようにじっくり炒める。

5 フライパンにオリーブオイルを入れ、ミンチ肉を入れて、塩を少々ふってから

  火にかけてここでも中火でゆっくり、ほぐしながら炒める、

6 ミンチ肉はいためている間に余分な水分が出てくるので、水分がなくなって

  肉の脂が出るまで、炒める。(水分は肉の臭みなのでなくなるまでいためるのがコツ)

7 フライパンを傾けて、油の部分にクミンシード(パウダーでもよい)を入れて、

  香りがたつまでいためて鍋の具と合わせる。

8 合わせた鍋に、野菜ジュース(キャロット)を入れて煮詰める。

  (水は一切使わない)

9 アクをこまめに取り、火を止めてカレールー(市販用)を入れる。

10 再び種火で煮詰めながら、ナツメグ、ターメリック、オールスパイス、ガラムマサラ、チャツ
     
   ネ(変わりに桃缶やバナナを潰したもの)スパイスを加えていく。私はここでチリの変わりに

   粉唐辛子を入れる。

11 程よく煮詰まったら、いったん火を止める。30分ほど経ったら再び種火で煮詰め

   仕上げに、チョコレートをふた欠けか、インスタントコーヒーをティースプーンに

   3~4杯いれ、深みを出す。

12 火を止めて、30分ほどしたら再び煮込んで出来上がり。


b0141519_21543351.jpg



一度にたくさん作っておいて、残ったら冷蔵庫へ保存する。

で、温めてもいいし、冷たいままでもレタスに包んで食べられるから、

2度楽しめるよ~~~ ^^

カレーて、いつでも食べたくなるよな~?

我が家でも色んなカレーを作るンやけど、これが一番のお気に入りかな~



お宅のカレーはどんなん?


たまにはよそさんのカレーも食べてみて !!
  
[PR]

by lucky-powder | 2008-07-27 22:01 | 美味しいもの | Comments(2)
2008年 07月 27日

ほぼ復活



昨夜は調子に乗って、よ~~~飲んでもうたヮ ^^



どっちみち今日は日曜日やから、何の当てもなくゴロゴロ~ゴロゴロ。



暑いけど空は透き通るほど真っ青やし、家に居るのがもったいないな・・・



と、思うたからヨッコラショと重い腰を動かして涼みに行くことにした。



西区の某スーパーやけど、予想に反して人が多かった。



当然、給料日あとの日曜日でおまけに夏休みやから、



海のほうがにぎやかやと思うとったのに、そうでもなかったわ・・・



余計に疲れた。



体調が今ひとつしっかりしてないみたいやから、人ごみに入ったら



もの凄い疲れた。。。。



まぁ そこそこ涼むことが出来たからええとしとこか~



はよ帰って、体調を整えておかんと



明日は楽しいRover’zの会がある。



行けるのかどうか不安やったけど、どうやら復帰できそうや!!



明日は思いっきり楽しんで暴れるよ~~~~ ^^



あっ、このブログ読んでるあなたも参加できたらいいのにね (^^)v



ホンマに楽しいよ ♪
[PR]

by lucky-powder | 2008-07-27 21:23 | ほのぼの | Comments(0)