k-coの独り言

uranaikco.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 23日

ミスター・ラップ


阪神大震災の前の話。
当時付き合ってた男友達がおったんやけど、
勿論、7歳も年下やから彼氏ではない。と、いうか
そんな気になるほど、魅力的でもないし
お互いに興味がわかなかったというのが、本音かな。
まぁ それはともかく・・・・
その彼は、当時の明石海峡大橋の工事に携わってて
関東のほうから単身赴任してきてて、家から歩いて数分のところに住んでた。
たまに食事に行ったり、お酒を飲みに行ったりしてた。

ところがある日、風邪を引いて助けを求めてきた。
当時はポケベル(なつかし~)しか持ってなかったんやけど
”たすけて~”て。何事かと思って電話してみたら、
「すごい。。。。熱が、39.6度もあるんだよ・・・・大人でもこんなに
高い熱が出るんだね~~~」て、弱々しい声で言うたまま切れた。
も~~~~! 難儀なやっちゃなぁ。。。。と、出向いていくと
布団を頭までかぶり、芋虫状態やった。
「だいじょうぶかぁ~!!」
「ううん・・・大丈夫じゃない。」
それよりも・・・・・
その時に初めて彼の部屋に入ったんやけど、
何て言うのか・・・・・
独身男のわりには、部屋はきちんと片付いてて
掃除も行き届いて、スッキリした部屋やった。
「あんた、野郎のわりにちゃんとしてるねんなぁ、神経質なん?」
「そんなこともないんだけど、いつでも引越しできるようにしてるんだ。」
なるほど・・・・
なかなか、しっかりした奴や。
酒飲んで酔ったときは、そんな雰囲気もないのに。
ともあれ、近くの病院に連れて行き
帰ってきてから、おかゆを作り、薬も飲まして・・・・て、
「おかんみたいやな、私。彼女でもないし、気に入った女の子はおらんの?」
「あちこち赴任するから、なかなかできないし、そんな気もない。」
「そうか・・・まぁ まだ若いからな。」
そんな話をしながら、看病してた。で、
何気に落ち着いてから、テーブルの上を見て目が点になった。

これって・・・・

今まで、それどころじゃないから気が付かなかったけど、
並べられた、各種のリモコン。
テレビ、ビデオ、オーディオ、エアコン・・・・
全部ラップが巻いてある。。。。。;
表面はしわもなくキッチリと伸ばされて、はがれにくいように
裏面でもキッチリと貼り付けてある。
しかも、何の法則かわからんけど順番に丁寧に並べられて。
「・・・・・これ、なんでラップなんか巻いてあるの?」
「だって、ほこりとかでボタンの間が汚れるじゃん。そうなったら、
掃除の時拭いても、なかなかキレイにならないんだよね。」
「あそ・・・」
確かに男で仕事が忙しいし、独身やから 
そんなにマメに掃除なんか出来ひんかも知れんけど
そこまでするか?おまけに
彼が言うには、ラップを買う時は選ぶらしい。
「何といっても、サ○○ラップが一番しっかりしてていいんだ。
ク○ラップはちょっと違うんだよね。」
「何がどう違うん?」
私は、この際やから寝言やと思うて聞いてみることにした。
話はそんなに難しいわけと違う。
ただ、彼にしてみたら耐久性が違うらしい・・・
で、予想外に業務用の安いラップの方が
柔らかくて、良く伸びて、くっつきも良いらしい。
しかも、耐久性もあなどれないと力説する。
内容よりも、その一生懸命しゃべってる彼が
面白くて、笑いが止まらんかったわ ^^
「君は、潔癖症か!!」
ようやく眠りについたようやから、
”帰るわ、お大事に・・・”と、メモを残して帰ってきた。
帰ってからも、しばらく思い出し笑いしたりして。

そんな光景は、テレビを置いてる飲食店なんかでよく見たことがあるけど
あれはあれで理由があるんと違う?
油が飛び散ったり、タバコのヤニがついたり、たまに客が水物をこぼしたりとか。
一般家庭で、しかも独身男の部屋で見るとは
想像もしなかった。
それに彼はタバコも吸わへん。

数日後、また彼から連絡が入り
「命の恩人だから、食事くらいはごちそうさせてくれる?」て。
待ち合わせたお店で、彼の顔を見た瞬間
また思い出してプッ!と、吹いてしもうたわ。
すっかり元気になった彼は、ニコニコしながら礼を言ってくれた。
「助かったよ、本当にありがとう!あのままだったら僕は死んでたかも。」
「おおげさや!困った時はお互い様やから、気にせんでええよ。」
「今度k-coさんが風邪引いたら、僕が看病に行ってあげるからね!」
「ありがとう、言葉だけで充分やわ。」
その日から私は、彼のことを”ラップ君”と呼ぶようになった。
「やめてくれよ~!恥ずかしいから。」
と、案の定ニコニコ笑いながら照れ笑いした彼の顔が
ラップを巻いてるように見えて
しょうがなかった。

その翌年に阪神大震災があり、
心配して様子を見に来てくれる良い奴やった。
「必要なものとか、困ったことがあったらすぐに連絡してね!」
「ありがとう、何の被害もなかったから大丈夫やで。」
そしてその翌年に、自分達の担当する箇所が終了したといって
また関東のほうへ、移動になると連絡があった。
そう言えば
まともにお別れの挨拶も、連絡先の交換もできなかったな。
どうせ行った先でも、また色んなもんにラップ巻いてるんやろうな。。。。
目に浮かぶわ ^^

男としての魅力はなかったけど
面白い奴やったわ。
それに
なんで、そいつと知り合ったのかは未だにはっきり憶えてないんよ。




元気にしてるかな~?ラップ君。
[PR]

by lucky-powder | 2008-08-23 20:38 | ほのぼの | Comments(2)
Commented by rosey12 at 2008-08-25 12:30
あぁ、そういう男、友達にはいいけど、
わたしみたいなズボラな女と付き合ったら
お互い不幸だな(笑)
男は落ちたものでも払ってたべるくらい
大らかぢゃないとね(笑)
Commented by lucky-powder at 2008-08-25 15:10
まったくの

同感です!!細かいこと言われたら、私がキレそうやヮ ;


<< わたくし事ですが・・・・      雨 >>